2011年04月

エイジングケア


images


昨今「アンチエイジング」に関わるマーケットが増えているのと同時に、当店も白髪を気にされるるお客さまが増えています。

俗に言う「おしゃれ染め」を今までされていた方が、少しでも白髪が増えて来ると「白髪染め」に切り替えなければいけないの?と相談される事があります。

市販の薬剤(ドラッグストア等の陳列棚)は区別して置いてありますが、本来サロンカラーでは、「おしゃれ染め」と「白髪染め」の区別はありません。
ではどうしているか?
それは、髪質や黒髪と白髪の割合等に合わせて薬剤を選択・調合し、そこに技術とデザインが加わる事で白髪をカバーした綺麗な色に仕上げています。

イメージとしては、医師の処方箋により調剤薬局で処方薬をもらう様に、複数の症状に効果のある薬がサロンカラーです。

歳月に逆らう(白髪染めに変える)のではなく、「今」の自分を輝かせ続けるには
サロンならではの解消法がございます。



ヘアケアガイド


自宅で正しいシャンプーしてますか?


Step1 シャンプー前に予備洗い

軽くブラッシングをして髪の毛のもつれをほぐしてから、シャワーのお湯で髪についていたホコリや汚れを1分程度しっかり洗い流します。シャンプー時の泡立ちがぐっと良くなります。


Step2 シャンプーは爪をたてずに

シャンプー剤を手のひらで軽く泡立てて、髪の生え際から全体にいきわたらせ、「指の腹」を使って地肌全体をマッサージするように丁寧に洗いましょう。すすぎはしっかり、髪と地肌に洗い残しがないように。スタイリング剤などの汚れが多い場合は2度洗いして下さい。


Step3 トリートメントは髪の毛に

髪の水分をよく切り、トリートメントを傷みやすい髪の中間から毛先にかけて揉み込むようにしてなじませます。2~3分放置すると効果的。すすぎは髪全体を軽くお湯で流し、首筋やフェイスライン、地肌はしっかりとすすぎます。


Step4 やさしくタオルドライ

濡れた状態の髪は傷つきやすくなっています。洗い終わったらタオルで髪と地肌を優しく拭いて、ドライヤーなどで乾かしましょう。


日常のお手入れは重要ですよ。


 
Profile
QR code
QRコード